毎日のグランド50周が憎たらしかった話です

f:id:KaronS:20170710235213j:image

 

 

中学時代サッカー部に所属していた頃の話です

 

 一個上の先輩が引退してやっと自分たちが部内最上級生となった頃

アップしていたところに

12個のボールを置き忘れていたらしく

ペナルティとして

「 1球5000円だから50x12=700

グランド700周な」

 と言われました。

夏休みの真っ最中だったので

炎天下で毎日グランド50周が2週間行われることに

 

グランド50周後

さらにグランド1周でタイムアタックx5

下半身強化トレーニング

と体力を鍛えるメニューばかりこなしました。

 

サッカー部なのにボールを触った練習は

ボールタッチと向かい合ってショートパスのみ

 

あの頃の部員の中で顧問を憎たらしく思っていなかった人はいないと思います

 

勿論吐く人もいたし

練習後食事が喉を通らないこともしばしばありました。

 

 

あの頃の楽しみは

部活が終わってからみんなでジョイフルのジュース飲み放題に行って帰りに近所のかき氷屋さんによって帰ってたことかな

 

とにかくしんどかった…

 

 

鬼顧問曰く

「スポーツの強さ=心x技x体   

この三つはピラミッドの形をしていて、心と体の上に技術がある。

お前達には全てが欠けている。

よって、走り込むことで心と体を同時に鍛えろ

技術はその後だ。」

 

しかし実際そのとおりでした。

自分の中学校はここ数年で市内の大会はほぼ負け無しだったのに対し、

自分達の代は至って普通でハングリー精神も体力も技術もなかった。

 

結局

これを乗り越えたチームは強くなりました。

鬼顧問はずっと憎まれ顧問でしたが…