自分の寿命より長く生きる方法考えた!

寿命より長く生きる方法を思いついてしまった!

時の流れを遅くする方法と言っても過言ではないかもしれない...

正確には長生き時てるように感じる方法なんだけどね。

 

人は歳をとるほど時の流れを早く感じる

歳をとるにつれて

一年があっという間に過ぎていくきがしますよね。(僕はまだまだ若僧ですが…)

 

僕も小学生の頃はいつまで小学生なんだと思っていたのに,高校生活はあっという間に過ぎ去りました。

 

時の流れが遅く感じられれば、長生きした気になれる!

そりゃそうだ!

歳をとるにつれて人生がスピードドアップして行ったら....

こんな感じ?

 

f:id:KaronS:20170702023718j:image

 

 

時の流れが早く感じる原因

12歳にとっての1年間は人生の12分の1

30歳にとっての1年間は人生の30分の1

12分の1と30分の1じゃ全体を占める量が違うからだそう

 

全体を占める量が違うと何が違うのか?

 

新しい経験の量が違います。

そのため刺激を受ける機会が減り

毎日に慣れてしまって流れ作業のような日々を過ごしてしまいます。

 

つまり、歳を取れば時間の流れが早くなる原因はずばり、刺激の少なさにある!

と思いつきました。

 

 

かくして刺激を受け続けることを決意

 

刺激を受け続けよう

 

そのためには

 

非日常を過ごす

ライブに行ったり旅行に行ったり

非日常こそ刺激を与えてくれるはず!

 

感動する

映画、音楽、本など感動できるものをどんどん取り入れる!

ただ映画を流してケータイを触りながら見たり、音楽をBGMとして移動中に聴いたりじゃなくてその事一つに集中して鑑賞するとより感動が生まれやすい

 

 

新しいことに取り組む

新しいことに取り組むと新しい経験が生まれます。

新しい経験は刺激的です。

新しいこと、新しい趣味、新しい運動習慣

などなど...

 

考え続ける

どうしたって変えられない日常はあるけれど、頭の中だったらなんでもやりたい放題じゃん!とこれまた安易な発想。

例えば通勤通学時間ぼーっと電車に揺られてなにも受け取る刺激なんてないけど、何か考えて楽しむ方がずっと世界に色がある....気がする。

 

また、考え続けると

自分の考え方が変わることがあります。

ずっと同じこと考えて生きてる人はいないから

 

自分の考え方を変えて生きれば日常の色々な側面が見えたりして。

その新しいものの見方が少しは自分の刺激になるかも。